賃貸の鍵紛失どうしよう!やるべきことや対処法などまとめて解説

鍵トラブル
みかん
みかん

やばい!アパートの鍵が無い!どうしよう!

キー星人
キー星人

慌てなさんな、ひとまず落ち着くんだキ!

今すぐ鍵問題を解決

賃貸の鍵紛失どうしよう!

賃貸の鍵紛失

賃貸アパートやマンションの鍵が見当たらない、無くしたかも?こんな時、誰でも慌ててしまいますよね。

ですが、慌てていると、視野も狭くなります。そんな時こそ落ち着きましょう。

賃貸の鍵を紛失した場合、どうすればいいのかというと、

  • 本当に鍵を紛失したのか冷静に確認
  • 管理会社または大家さんに連絡
  • 警察に遺失届
  • 必要に応じて鍵交換など

といった対処をすることとなります。

本当に鍵を紛失したのか冷静に確認

賃貸の鍵紛失は、自分の所有物ではありません。賃貸の鍵を紛失すれば、どうしても誰かに迷惑が掛かりますし、セキュリティ面も心配です。

冷静になって、紛失前の行動を振り返ってみましょう。

ポケットやカバンに入っていたり、車に落ちていたり、慌てている時は無かったのに、冷静に探したら見つかった、なんてよくあることですよね。

上着を変えたのを忘れていたとか、そういえばズボンを履き替えた、なんてことはありませんか。もしくは、職場に置いてきた、立ち寄ったお店に落としたなど、可能性のある場所をあたってみましょう。

これで見つけられれば良いのですが、やはり紛失したとなれば、各所への連絡が必要になってきます。

管理会社または大家さんに連絡

賃貸の鍵は大家さんから借りているもの。それを紛失したら、大家さんに連絡が必須です。管理会社が入っている場合は、そちらへ連絡しましょう。

管理会社や大家さんでは、緊急時のために管理用の鍵を保管していることがあります。まずは鍵を紛失した旨を伝えて、鍵を借りられるか、解錠してもらえるか確認してください。

この際、よほど顔見知りの大家さんなどでない限り、身分証明書などの提示が必要になります。もし本人確認に必要なものが何も無ければ、管理会社に何か方法がないか相談してみましょう。

警察に遺失届

鍵を紛失してしまったら、警察に遺失届を提出します。

最寄りの警察で、おおよその紛失時間や場所など、鍵紛失の状況を詳しく記載します。警察に拾得物として鍵が届いている可能性もあるので、紛失したらすぐに届け出をしてください。

警察庁のホームページで、落とし物情報を見ることもできます。警察の拾得物保管期間は3ヶ月。早めに提出することで、見つかる確率も高くなります。

警察庁 遺失物の公表ページ

必要に応じて鍵交換など

鍵を紛失しても、管理会社もしくは大家さんに連絡をすれば、恐らく部屋に入ることができるはず。スペアもあれば問題無さそうですが、その後どうするかについても相談しておきましょう。

状況に応じて鍵交換が必要となる場合もありますが、自己負担だとしても、自己判断で勝手に鍵を交換することはできません。事前に管理会社か大家さんへの連絡・確認が必要です。

深夜や連休に賃貸の鍵を紛失した場合の対処法

深夜や連休に賃貸の鍵を紛失した場合の対処法

賃貸の鍵を紛失して、管理会社や大家さんに連絡が取れれば部屋に入ることができそうですが、管理会社で鍵を預かっていなかったり、深夜や連休で連絡が取れなかったり、なんてこともあります。

その場合は、

  • 保険会社や24時間サポートに連絡
  • 連絡が取れるまで他の場所で過ごす
  • 鍵屋さんに解錠してもらう

といった選択肢が考えられます。それぞれ詳しく見ていきましょう。

保険会社や24時間サポートに連絡

賃貸物件の場合、火災保険の加入が必須ですよね。また、24時間サポートサービスなどに加入しているケースもあります。

加入している保険やサポートによって内容が異なるため、一概には言えませんが、これらの窓口で緊急時の対応をしてもらえる可能性があります。

もし加入しているのであれば、万が一の時のために、携帯などに連絡先を登録しておくと安心ですね。

連絡が取れるまで他の場所で過ごす

時間帯が遅くて連絡が取れず家に入れない場合、友人や実家など頼れるところがあれば安心ですが、無ければ24時間営業のお店などで待つことになるでしょう。

ただし、連休などで朝まで待ってもどうにもならない場合は、別の方法を考えないと厳しいですね。

鍵屋さんに解錠してもらう

鍵屋さんに依頼すれば、解錠してもらうことができます。

この場合も、入居者本人である証明が必要です。

また、鍵の解錠を依頼する場合は、信頼できる業者を選ぶことが大事です。中には高額な費用を請求する業者も存在しますので、ネットなどで検索する時は気をつけましょう。

例えば、ネット上では格安アピールをしていて、解錠したあとにあれこれ費用を追加請求してくるような業者もいます。解錠前に、しっかりと掛かる費用、追加料金が発生するケースなど確認しておくと安心です。

賃貸の鍵紛失による危険性

賃貸の鍵紛失による危険性

賃貸の鍵を紛失しても、大家さんなどに鍵を開けてもらえばそれで解決、ということにはなりません。

鍵を紛失したということは、誰かがその鍵を持っている可能性もあるわけです。盗難に合った可能性も完全に否定することはできないでしょう。

その場合、あなたが留守にしている間に侵入するなど、いつどのように悪用されるかわからないというリスクがあります。これでは落ち着かないですよね。

通常、鍵を紛失しただけで家がバレることはありませんが、可能性はゼロではないのです。

状況に応じて鍵交換をするか、管理会社や大家さんと相談してみましょう。

鍵を落としたら家バレする?悪用される可能性と防犯対策をご紹介
みかん どうしよう!家の鍵が無い!鍵落としたかも!! キー星人 おっと、本当に鍵落としたのか? みかん うわ~!やばい!家バレるかな?...

賃貸の鍵紛失|マンションオートロックの場合のリスク

賃貸の鍵と言っても、アパートやマンションによって様々な種類があります。

防犯対策のしっかりした最新アパートであれば、ディンプルキーという解錠しにくい鍵や、オートロックなども導入しているでしょう。

例えば、オートロック付きマンションの鍵を紛失すれば、あなたの部屋だけでなく、マンション共有部分への侵入も許してしまうことになり、リスクが非常に高いのです。

キー星人
キー星人

自分だけじゃなく、マンションの住人にも迷惑かけちゃうんだキ

早急に警察に遺失届をして、管理会社にも連絡しましょう。

賃貸の鍵紛失で費用はいくらかかる?

賃貸の鍵紛失の場合、解錠や鍵交換などの費用は自己負担となります。

賃貸の鍵紛失で、鍵屋さんに解錠や鍵交換を依頼する場合は、その鍵の種類によって料金が大きく異なります。

一般的な鍵交換で10,000円~20,000円程度、ディンプルキーやオートロック付きの鍵となると、さらに数万円高くなります。

解錠だけでも、数万円はかかりますので、鍵を紛失しないのが一番ですね。

ちなみに、入居の際に加入した保険やサポートで、一部負担が軽減されることもあるので確認してみましょう。保険等で対応してもらうには、解錠や鍵交換の前に連絡をしておくことが条件となるケースが多いので、事前に連絡、確認しておくことをおすすめします。

賃貸の鍵は紛失しないのが一番!大事に管理しよう

賃貸の鍵を紛失すると、なかなか大変なことになります。あくまでも借りものなので、管理には十分注意したいですね。

キー星人
キー星人

もしも鍵を紛失してしまったら、冷静に対処することが大事なんだキ

犯罪に結びつく可能性もありますので、警察への届け出、管理会社や大家さんへの連絡もできるだけ早めに行いましょう。

タイトルとURLをコピーしました